So-net無料ブログ作成
検索選択
gongyoo-m.png

カン・ドンウォンの新作映画『田禹治』 [映画]

カン・ドンウォン君主演の映画『田禹治』のポスターがこれ。
『田禹治』=チョン・ウチと読むらしい。
がっ・・・
dong.jpg

私には「田子作」と読めて仕方がないっΣ( ̄Д ̄; )
もはや、ストーリーもへったくれもなくて
この『田禹治』いや、「田子作」が私の頭で1人歩きしてるの。
みんなは、大丈夫!?


東京国際映画祭、開幕 [映画]

釜山国際映画祭が無事閉幕したと思ったら
お次ぎは、我が日本の番だったみたい。
こちらに有名女優さんに加えて、
今最もマスコミを賑わしてる鳩山首相夫妻も!

艶やかだこと〜なーんて思って見てたけど
ふと気づいたら、男優さんがいないじゃないのっ!
たまたま、この産経ニュースはスルーなだけ???
それとねぇ、普段韓国の女優さんばっかり見てるから
今度は物足りないような・・・(笑)

こーいう我がままな視聴者もいてもいいよね!?

ちなみに、東京国際映画祭は第22回とのこと。
これからババーンと盛り上がるのかな?
この詳しい映像は、月曜の朝のワイドショーかなぁ。

ふと思い出したの、そう言えば去年は麻生さんが。。。

 


何度も書きます「空気人形」 [映画]

もはや、この映画「空気人形」に関しての
記事は、3回目という入れ込みよう。
*前の記事はここ

自分はナヨンだけど(!?)何たって
大ファンのペ・ドゥナちゃん。
(強調)
しかも、ヤフーとかで映画の感想を見たら
結構、評価も高いのよね。

「空気人形」って何の事かと思う方。
それはいわゆる夜の慰みもののダッチちゃん
と言う事らしいんだけど、その役を引き受けて
くれた我らがペ・ドゥナちゃんにルネッサ〜〜ンス!

んで、嬉しい事に10月2日付けの毎日jpに
こんな記事まで掲載されてたっ!

注目映画紹介:「空気人形」
空虚さの先にある何か… 現代の大人の童話

 

続きを読む


嫌いだった女優のスエが・・・。 [映画]




いやね、嫌いだったわけよ。ずーっと。
きっかけは、知ってる人も多いだろうけど
ハンソンの「四月のキス」ってドラマが始まりで・・・。
もはや、私の中ではいくら役柄上とはいえ、
ウリ、ハンソンに対する仕打ちを見てたら
もうもう、大・大・大嫌いな女優さんに。

あれから数年。

honoonoyouni.jpgこのたび、ウリ、スンウ
(なんでも好みの俳優さんはウリに)
との映画が、これまた面白そうで、
しかも今更ながら人造化されてない
スエがやけに新鮮だったりして
かな〜りの度合いで注目しとります。

やっぱり、さすがに見る女優、
見る女優、みんな同じ顔(系統)だと
うんざりと言うか・・・。
これは、ウリ、スンウにも言える。

 

ちなみに、男優さんは基本こってりソース顔が好みだけど、
このチョ・スンウとパク・ヘイルは特別なの☆うふふ〜ん

 


映画「母なる証明」=「マザー」=「マド」 [映画]

400260803857966763.jpg

すごく強固さが伝わって来るポスターだよね。
ウォンビンファンの方は、待ってました!!って気分でしょう?
このポスターのウォンビンが、ウォンビンでないような
ウォンビンで(はぁ?意味不明か?)すごくステキ。

でも、私はこのポスターを一目見て、
皇太后様だったはずのキム・ヘジャが、
ウリオモニにクリソツでビックラこきました[どんっ(衝撃)]
よって、このポスターを見るたびに
私の表情は、ウォンビンのごとく、ビクビクな視線に[たらーっ(汗)]
さすが、大女優の貫禄です!

日本で言えば、泉ピ○子ってところだろうけど、
比較するのもおこがましいオーラがポスターでも
感じ取れるわ・・・。

ちなみに、韓国語だと「マド」って読める。
けど「マザー(母)」って意味なんだね。
しかも、本日の中央日報には「母なる証明」って
タイトルが変わってた。なんで???


小雪vsチョン・ジヒョンってか!? [映画]

何気にネット徘徊をしてたら、BIGROBEのシネマスクランブル
ってページにたどり着いて、しばし熟読。

ここでは、今公開中の映画やこれから公開される映画を
★の数で評価してて、なかなかわかりやすい。

20090527135907817.jpg
んで、今はどうやらチョン・ジヒョンセーラー服
着て、ワイヤーアクションに挑んでる(しかも全編英語だって)
「ラスト・ブラッドを押してるみたい。

ちらっと予告編も見たけど、バンパイアと人間との間に生まれたのが
このチョン・ジヒョン演じるサヤ?だかっていうセーラー服少女で
その悪の元締めが、「ラストサムライ」でハリウッド進出を果たした
小雪・・・とな。私的には、吸血鬼系(笑)がいたく好物なんで、興味ある。
(ちなみに、チョン・ジヒョンは芸名も違うんだよね。
私にゃ読めないけど、【Gianna Jun】らしい)

それにしても、日本映画界がんばってるわー。
このシネマスクランブルってページを見ても
半分は日本映画だもんね。
内容はさておき、「キャシャーン」を観た私としては、
「GOEMON」の映像が観てみたいかな。
いや、待てよ。
好みで言えば、瑛太なんだけど・・・ホホホ

 


「映画は映画だ」ブログパーツ [映画]

いよいよ「映画は映画だ」が日本公開とか。
それに合わせて、積極的な宣伝活動が行われてるみたいで
早速、オフィシャルサイトに行ってみたら〜

壁紙ダウンロードできるし、
なんと韓流ブロガーには嬉しい予告編の見られる
ブログパーツまで配布してた!
(ブログパーツって、ブログに貼付けるお楽しみアラカルト)

もちろん、マニアにも貼ってみよーと、何度も試みたものの
なんでかタグ(ブログパーツを表示させる記号みたいなの)が
コピーできないっ!(怒)
もう、なんべんもチャレンジしたけどアカンみたいなので、
見たい人、欲しい人はそれぞれチャレンジしてくださいな。
ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ ブーブーッ!!

そのかわり、「祝★モックン」の後がまに
「オバハン日めくりカレンダーを入手(笑)
このブログパーツを見るたびに、日々反省することにしよーっと。
(こっちのが、役立つやん・爆)

祝☆モックン!!! [映画]

もうねーずっと見てましたよ!
最後のデザート(?)に、ミアネ屋まで見ちゃった(笑)

もう私たちの世代では、俳優本木雅弘の前に
やっぱりモックンなんだよね〜[わーい(嬉しい顔)]
よって…
おめでとう!モックン[exclamation×2]

この映画「おくりびと」は、私がわざわざ映画館に行くわけもなく
正直、観てはないんだけど[たらーっ(汗)]、このモックン演じた納棺師ってのには
何度も、何度も関心させられ、感動させられたし、最近でも
身近にその仕事っぷりを目の当たりに。

1番印象的なのは、カチカチに死後硬直したご遺体を
さも生きている時のように、柔軟に動かしてみせて
死装束を着せてくれる。んで、特に親しい身内の場合、
チャレンジ?!して、お手伝い(お手伝いするといいんだって)しても
ビクとも動かなくて。。。
でも、不思議とこの納棺師のオッチャン(うちの場合はオッチャン)が
ご遺体を清めてるときは、また生き返ったみたいに
見えるんだよね〜。で、親戚家族一同の前で、この先死に行く道のりや
一つ一つの持ち物?に関しての言い伝えみたいなのを静かに
話してくれながら、その手はそれこそモックンが演じた納棺師の如く
何とも美しい所作にて着々と死者としての形を成していくの。

その様子にいたく感動した私は、 「オッチャンの仕事は日本一ですね!」
って言ったことを覚えてるわ。もちろん私の身内が死ぬ時も
「絶対、オッチャンにお願いしますっ!」ってんで、
何度か目の前でその仕事ぶりに立ち会っては、その瞬間だけは死体!
ではなく○○のオバちゃん、○○のじいちゃん。。。って感情になって
触るのも全然怖くもなんともない。それが不思議でねぇ。

まぁ喜ばしいことなのかどうなのか、
生まれ育った環境のおかげで、普通の人の3倍はお葬式や
お通夜に行くことが多い私。
その中で、本当に素晴らしい納棺師さんってどれだけいるんだろ。

この「おくりびと」って映画が好評だって聞いた時に、
ようやく映画界も、この仕事の美しさや清廉さに目をつけた
んだーと思ったもん。が、それは実のところ主演のモックンが
まだ27歳くらいのときに、どうしても映画化したい!と思ったらしいと
聞いて、「あーーモックンに負けた[爆弾]」と思っちゃった(笑)
(私のものさしは、何でも勝ち負けやから・汗)

ちなみにシブガキ隊では、もちろんモックン派。
だから素直に喜んでるんだよ〜[るんるん]
あ、モックンのインタビュー記事があったのでぜひ!


ペ・ドゥナちゃんの「空気人形」 [映画]

今、パラパラ〜とネット徘徊して気づいたんだけど、
みんなはもう知ってたの???
残念ながら、すでにナヨンな私が生まれかわったら
なりたい顔のペ・ドゥナちゃん(笑)
いやぁ〜この個性と存在感は毎度注目に値する!

そんな彼女が日本映画「空気人形主演とな!!!
びっくらしましたー。
日本の映画に出るらしい…という噂は聞いてたものの
まさかこんな可愛くて愛らしく摩訶不思議な役だったとは(*‘ω‘ *)
これ、観る!絶対に♪
N0016795_l.jpg

冬の劇場街,観客らは暖かい映画を望む [映画]

韓流ファンなので、ハリウッド話よりこっちをメインにもって
くるべきよねー。ってか、ユちゃんをメインに[exclamation&question]
いやいや、私とユちゃんは他の濃いところで繋がってる・・・はず[あせあせ(飛び散る汗)]
ってことで、秋から冬にかけて賑やかに見える韓国映画界。
だけどこれでも不況の波が押し寄せてるんだよね[ふらふら]
でも、どれも面白そうなんだけども。
とくに、ハンソンの映画は観たい(笑)と、またもや個人的趣味発言ですが。
20081122102019.371.0.jpg


続きを読む


タグ:韓国映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。